平家

第二の時代の権力。

後年、天皇と権力を共有し、10世紀半ばから11世紀半ばにかけて宮中の最高位を独占していた藤原家は衰退し始めた。 11世紀後半、白河天皇は息子のために譲位し、院政と呼ばれる新しい政治体制を導入し、これによって朝廷の儀式の要件から解放された前天皇は(しかし、息子の実天皇の忠誠を頼りにすることができた)、最終的に藤原から王位の力を奪うことができた。 前白河天皇は絶対的な権力を保持するために、伊勢地方(現在の三重県)に相当する地方権力を持つ関東の平の子孫である平正盛を召喚し、朝廷における藤原の支配を確実にするために軍事力を持っていた源家を鎮圧した。 政盛の成功は絶対的なものであり、前白河天皇の寵愛を高く評価し、官吏としての迅速な昇進を獲得した。

ブリタニカプレミアムサブスクリプションを取得し、排他的なコンテンツへのアクセスを得る。

正盛の息子忠盛は父の成功を続けた。 西日本の瀬戸内海沿岸の海賊を排除することで、帝国の好意をカレーにした。

忠盛の子で正盛の孫である平清盛(q.v.)は、家の持ち株を拡大し、朝廷での影響力を高め続け、平と源の対立は避けられないものとなった。 仁平2年(1156年)、崇徳天皇と後白河天皇の間で朝廷の支配権争いが起こり、清盛と源氏の間で宝元の乱が勃発した。 清盛は源氏の離反に助けられ、勝利を収めた。 その3年後の平治元年(1159年)の平治の乱では、保元の乱で味方していた源氏を清盛が残忍に排除し、日本で最も強力な人物となった。

平家は官人としての高い地位を独占し、全国のほぼ半分を支配し、500以上の荘園を所有していた。 治承4年(1179年)、前白河法皇率いる公卿たちは反旗を翻したが鎮圧され、後白河は幽閉された。 その結果、清盛の支配は積極的に独裁的になり、京都の六波羅に住んでいたことから”六波羅政権”と呼ばれるようになった。 しかし、彼の偉大な力にもかかわらず、彼は帝国制度の基本的な変更を加えることができませんでした。 その結果、家が豊かな宮廷生活に慣れ、地方の武士団との接触を失うにつれて、平氏は田舎を支配することが弱まった。