野球のスピードドリル

野球は爆発的なスタート、高速方向の変化、そしてあなたが行く必要がある場所

このため、スピードと敏捷性は、高性能でバランスのとれた野球選手になるために重要な側面です。

攻撃をしている場合、防御はベースパス上のプレイヤーよりも速くベースにボールを取得する必要があるため、スピードが大きな利点です。

ディフェンスの場合、速いチームはより多くの地面をカバーすることができ、潜在的なミスを補うことさえできるので、スピードは大きな利点です。

スピードプログラミング

あなたの野球のスピードプログラミングのアプローチは、その全体的な構造でバランスのとれたものであり、古い学校の方法からは遠く離れている必要があります:

“走りに出て行く”

または

“インターバルトレーニングを行う”

または

“よし、みんな、並んで! “

…これらの超基本的な方法は、アスリートがトレーニングに新しいときに最初に働くが、彼らはより高度な野球選手になるにつれて、さらにスピードの進

打者やランナーは急に加速-減速する能力を必要とし、守備選手は速い足と横方向の速度を必要とするため、慎重なプログラム設計構造が必要です。

守備的には、フィールドの真ん中(遊撃手、二塁、センターフィールド)の選手は最速で最も爆発的な選手になる傾向があり、次にコーナーの選手(左右のフィールド、一塁、三塁)が次の最速になる傾向があり、最後にピッチャーとキャッチャーが最も速くなる傾向があります。

ここでの違いは、もちろん、チームごと、または選手ごとに異なる可能性がありますが、その内訳は、彼らの位置の性質と、ゲーム中に彼らの位置の要求に

爆発的であることは要件です

野球の試合は非常に長いイベントですが、このスポーツをするために必要なエネルギー基質の需要の大部分は、あな

意味は、ゲームが時間を超えているにもかかわらず、あなたのスピードトレーニングの大部分は、ゲームを決定する演劇や動きが来ている場所であるため、非常に爆発的な動きで構成されている必要があります。

これらの大きな瞬間の間には、単なる回復時間であり、実際のゲームプレイではありません。

爆発的であることは野球の要件であり、それはすぐにあなたのスピードトレーニング内の要件になります。 遅い訓練すれば遅いので遅く訓練してはいけない。 ピリオド。

圧倒的多数のスピードと敏捷性のトレーニングは、非常に短い距離で行われ、完全な回復のために長い休息期間を強調する必要があります(ゲームの設定

野球のスピードトレーニングの概要

一般的に言えば、野球の要求に固有のスポーツであるスピードと敏捷性プログラムには、次のものが含まれている必要があります。

加速:陸上にいない限り、ゲーム環境で最高速度レベルに到達する選手はいません。 このため、あなたがベースをカバーすることができますどのくらいの速を向上させるために、あなたのトレーニング内の加速にハード強調し、どのくらいの速

減速:あなたの”ストップ-スタート”速度は、ベースランニング、高速への爆発、そしてあなたの守備作業のすべてにとって重要です。 人々は彼らの開始速度でとても懸命に働きます、けれども”停止”を訓練することが同等化の50%であることを忘れています。

方向速度の変更:ダイムで方向を変更する能力は、ベースランニング、ベーススティール、およびすべての守備のプレイに不可欠です。 方向を変えるとき速度を失わないように世界の一見の最もよい運動選手は、これtrainable質である。

ラテラルスピード:ラテラルスピードは、多くのコーチがHIITのようなものについて少し興奮しすぎるので、野球選手がプログラミングで忘れているものです。 横方向の速度は非常に”ドリル固有”(つまり、スプリントするだけでは得られません)であり、ベーススティールとすべての守備プレーでパフォーマンスが向上しま

嫌気性コンディショニング: コンディショニングはスピードとは異なりますが、それはあなたが9イニング(またはそれ以上)のゲーム中にあなたの速度を維持することができますあ

野球固有のモビリティドリル:あなたが正しく動いていない場合は、パフォーマンスの真のエリートレベルに到達するために十分に高いレベルで速度の技術的側面を実行することはできませんので、運動性は野球のスピードトレーニングプログラム内で必要とされます。 これを越えて、移動性の仕事はより多くの時間の訓練を使うことができる従ってより速くなるより多くの時間を使うように傷害なし保つのを助

例野球スピードワークアウト

A:スプリント爆発への横そりドラッグ–8x20yds(75秒残り)
B:落下スプリント–8x30yds(75秒残り)
C1:横突進をスライド–4×8-10各脚(10秒残り)
C2: 板–4×60秒(1分休憩)

*C1とC2はスーパーセットなので、横方向の突進を実行し、10秒、次に板を休ませ、1分休憩してから、合計4ラウンドのスーパーセットを再

このワークアウトのビデオ例をここで見ることができます

野球コンディショニングワークアウトの例

A:スリーポイントスタンススプリント:6x40yds45秒腕立て伏せ:5×8 10秒の残り
c3:スプリットスクワットジャンプ: 5×3/レッグ90秒の休息

このワークアウトのビデオ例をここで見ることができます